ラスベガスのマジシャン、Wayne Houchin氏がドミニカ共和国のテレビ番組出演中に、司会者から可燃性の液体を頭に浴びせられ、発火。
顔に重度の火傷を負った。

下記はABCニュースからの引用。(ABC News’ Linsey Davis and Rich McHugh report

 


アメリカのマジシャン、Wayne Houchinがテレビ番組の司会に可燃性の液体を浴びせられたあと、ドミニカ共和国内の病院で入院。

Houchinは11月26日ドミニカ共和国の「Approach the Stars」というテレビ番組にゲストとして出演中、司会Franklin Barazarteが彼の頭に不意に可燃性の液体を浴びせ、発火させたという。

この出来事を記録した映像はBarazarteがHouchinの髪に手をかけた瞬間に燃え出している様子を伝えている。

 

この司会者Barazarteには逮捕状が出た。

Houchinは病院に駆け込んだが、顔と手に第二度の火傷を負った。彼はFacebookに「これはスタントや演技の一部ではない。これは犯罪的な攻撃だった」と記した。

ABCニュースに届いたEmailによると、「ドミニカ共和国の医者は、私が顔の上の傷跡も残らず治るだろうと楽観の構えだ。日々、見た目も気分もよくなっている。しかしながら、私の手はひどく痛み、顔も治るにはいたっていない。」とWayneは述べている。

世界的に有名なDavid CopperfieldもHouchinを支援している一人だ。

「Wayneは不思議と驚きをつくりだすパフォーマーとしての表現をしようとしているのに、時々、誰かが誤解して超自然的な何かを信じこませようとしてる人間だと思ってしまったのかもしれない。」

Houchinは「司会者は僕らに『祝福』をしたかった、と話した。警告もなしに司会者は『フロリダの水』(可燃性の液体で、よく宗教儀式に用いられる)をかけたんだ」と話した。

映像では、Houchinが床に倒れて顔を覆ってから、Barazarteとスタッフが消化しようとしているのが見える。
映像では誰かが「顔が燃えたわ」と英語で話しているのが聞こえる。

何が『フロリダの水』に引火したのかは不明だが、AP通信社によるとこの出来事はドミニカ共和国のテレビに放映されることはなかった。
このショーは依然ABCニュースの質問に対して何もコメントしていない。

Houchinは マジシャンとして国際的な活躍をしていた。ディスカバリーチャンネルの「Breaking Magic」にも出演していた。

Houchinとその妻は今年の始め、空中に逆さ吊りされた状態でのストレイジャケットからの脱出で、世界最速の記録を打ち立てた。


 

なんとも衝撃的な事件(事故?)です。
TwitterでWayneがつぶやいている様子を観てみると、だんだん元気になっているみたいでよかったです。
不幸な事故なのか陰惨な事件なのかわかりませんが、たとえアルコール度数の高いだけの香水とはいえ、危険物の取り扱いには 十分注意したいものですね。

 

 

Date posted: "2012年12月4日 火曜日" | Author:

Categories:

Categories: Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


ツールバーへスキップ